ホロニクスグル-プリハビリテーション部 紹介

Ⅰ.グループリハビリテーション部紹介

1.グループ病院・施設(常勤のPT・OT・STいずれかが在籍している病院・施設に限る)

2.全体のスタッフ数(平成24年4月現在)

PT:120名 OT:75名 ST:35名 技師・助手:16名 (合計246名)

Ⅱ.リハビリテーション部としての活動

1.リハビリテーション部学術集会

リハビリテーション部学術集会 毎年1回開催され、各病院・施設から1年間の研究内容を発表。
それぞれの立場からの活発な意見交換の場として活用しています。
優秀な発表は、リハ部の代表としてグループ全体の学術集会にエントリーされます。

2.研修会・勉強会

①外部講師招聘

PT・OT・ST各部門、定期的に(年3回程度)外部講師を招聘し、講義をしていただきます。
各々の専門分野の知識・技術をより詳しく学べる貴重な機会となっています。

<平成24年度の主な実績>
船谷 俊彰先生(パナソニックエイジフリーショップス株式会社 作業療法士)
『車いす』

船谷俊彰先生をお招きし、講義をしていただきました
船谷俊彰先生をお招きし、講義をしていただきました(7月1日)


横山 茂樹先生(京都橘大学 健康科学部教授 理学療法士)
『腰痛症に対するコアセラピー』

横山茂樹先生をお招きし、講義をしていただきました。
横山茂樹先生をお招きし、講義をしていただきました。(7月22日)

<平成23年度の主な実績>
玉木 彰先生(兵庫医療大学 リハビリテーション学部)
『呼吸療法におけるフィジカル・アセスメント』
『周術期の呼吸リハビリテーション』

玉木彰先生をお招きし、講義をしていただきました(2011年11月13日)
玉木彰先生をお招きし、講義をしていただきました(2011年11月13日)


河村 廣幸先生(森ノ宮医療大学 保健医療学部)
『ここがポイント!整形外科疾患の理学療法』

河村廣幸先生をお招きし、講義をしていただきました(2012年2月12日)
河村廣幸先生をお招きし、講義をしていただきました(2012年2月12日)

②各部門勉強会

PT部門:主に新卒者から3年目くらいまでを対象とした勉強会を年3回程度実施しています。
テーマは対象者へのアンケートにより決定し、おおよそ講義2回、実技1回の割合で実施されます。
年度末には新卒者による症例発表会も行います。

OT部門:グループ内の作業療法士を対象に年2~3回の研修会を実施しています。研修内容は、年度毎にテーマを設け、テーマに沿った講義形式の研修会および講習を軸とした症例検討会(グループワークも含む)を行なっています。グループ内で各病院・施設のスタッフと交流を持つことで経験年数や職場機能(急性期・回復期・維持期・在宅)の壁を越えて討論し知識を高める場となっています。
<テーマ>
H21年度:高次脳機能障害について ~基礎知識の再学習・臨床での治療の見直し~
H22年度:シーティングについて

ST部門:全施設のSTを対象に、ケース検討会や勉強会を実施しています。

①ケース検討会:隔月で実施。毎回1例について、普段の臨床をまとめてもらい、評価・訓練・支援内容等をみんなで検討します。決して「完成品」は求めません。外の検討会では恥ずかしくて出せないような、臨床上の垢抜けない部分にもじっくりと悩む、仲間内ならではの会。

②勉強会:「頻度等の年度計画は極力定めない」ことが一つのコンセプトとなっているフレキシブルな勉強会。その時々で勉強(あるいは相談)したいことをテーマとして取り上げます。(ファシリテータを中心とした)ディスカッションが主です。普段は別々の施設で働いているスタッフが銘々持っている知識・情報が聞ける、恰好の耳学問の場。

3.学会発表の実績(平成23年度)

  • 日本病院脳神経外科学会
    • 「腰部術後患者に対する跛行要因の検討について」重友 悠佑(PT)
  • 日本脳卒中学会(STROKE 2011)渡部 勇樹(PT)
    • 「Rt-pA投与後の早期リハビリテーションが及ぼす予後への影響」光眞 邦哲(PT)
  • 日本病院学会
    • 「大腿骨頸部骨折の予後予測」橘 和秀(PT)
  • 慢性期医療学会
    • 「出来るADL、しているADLの相違について」松原 由佳(PT)
  • リハビリテーションケア合同研究大会 くまもと2011(2題)
    • 「回復期リハ病棟における重症患者の自宅退院に向けた取り組み」上田 将之(PT)
    • 「回復期リハ病棟から自宅退院した脳卒中患者の追跡調査」遠藤 佳幸(PT)
  • QCサークル全国大会
    • 「退院時指導の算定率を上げよう」才穂 亮介(PT)
  • 滋賀県連携リハビリテーション学会研究大会
    • 「車椅子下肢駆動におけるバックレスト調節の有効性について」金子 真由子(PT)
  • 大阪府理学療法士会(大阪市北ブロック)
    • 「運動麻痺とPusher症状を呈した症例」石井 佑樹(PT)

4.グループ内リハビリテーション科スタッフ交流会

スタッフ同士の親睦の場として、毎年6月頃にグループ全体の新入職者歓迎会を開催し、グループならではの密な連携が図れるよう努めています。

4.グループ内リハビリテーション部スタッフ交流会

スタッフ同士の親睦の場として、毎年6月頃にグループ全体の新入職者歓迎会を開催し、グループならではの密な連携が図れるよう努めています。

5.臨床実習提携養成校および受け入れ養成校(平成22年4月1日現在)

①提携養成校(順不同)

  • 奈良リハビリテーション専門学校 理学療法学科
  • 大阪医療福祉専門学校 理学療法士学科

②受け入れ養成校(順不同)

  • 大阪医専 理学療法学科
  • 青丹学園 関西学研医療福祉学院 理学療法学科
  • 大阪医療福祉専門学校 作業療法士学科
  • 姫路獨協大学 作業療法学科
  • 神戸学院大学 作業療法学科
  • 兵庫医療大学
  • 大阪リハビリテーション専門学校
  • 四條畷学園大学 リハビリテーション学部 理学療法学専攻
  • その他多数養成校

6.公開講座実施実績(平成23年度 リハビリテーション科担当のもの)

実施日 タイトル(内容) 担当病院
4月14日 痛みのない生活を目指して~膝痛予防と対策~ 医誠会病院
4月19日 大腿骨頸部骨折について ~転倒予防から始めましょう~ 医誠会病院
5月7日 腰についてのお話~椅子でできる腰痛体操~ 橿原リハビリテーション病院
5月8日 腰と膝の痛みについて 摂津医誠会病院
5月18日 息切れをおこす病気の日常生活を送るコツ 医誠会病院
6月17日 転倒を防ごう~新聞棒体操~ 児島中央病院
6月22日 バリアフリー~快適な住宅生活を目指して~ 医誠会病院
7月29日 糖尿病と運動療法 医誠会病院
8月18日 運動の種類と効能 児島中央病院
8月23日 いつまでも元気な「手」を保とう ~手の痛みを防ぐために~ 医誠会病院
9月22日 転ばぬ先の棒体操 児島中央病院
9月27日 肩の痛みと運動~日常で出来る痛みの予防~ 医誠会病院
10月5日 福祉用具活用法 医誠会病院
11月19日 嚥下障害について 医誠会病院
12月15日 ケアに必要な姿勢と介助のポイント 城東中央病院
12月20日 心臓病予防の運動 医誠会病院
12月22日 簡単にできる転倒予防体操 児島中央病院
1月20日 誤嚥性肺炎と対策 医誠会病院
2月8日 腰の痛みについて 摂津医誠会病院
2月13日 腰の負担を減らそう ~生活の工夫と運動方法について~ 医誠会病院
2月15日 楽しい運動療法 ~血糖値を効果的に下げる運動方法~ 神崎中央病院
2月21日 膝の痛みについて 摂津医誠会病院
2月22日 痛みのない生活を目指して~膝痛予防について~ 医誠会病院
2月26日 膝の痛みについて 摂津医誠会病院
3月12日 地域生活支援をすすめるために ~舞鶴市内での取り組み~ 東舞鶴病院
3月27日 大腿骨頸部骨折について ~転倒予防から始めましょう~ 医誠会病院
3月30日 認知症予防における運動療法の実際 東舞鶴病院

H24.4.1現在

ページの先頭へ